目前日期文章:201205 (9)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

17回 ブログテーマ

「台湾へ来てから変わったこと」

 

熱田先生-

私が台湾へ来てから変わったことは、テレビを見る時間です。日本にいたとき、私はあまりテレビを見なかったのですが、台湾へ来てから一人暮らしで部屋が静かだと少し寂しいということもあり、よくテレビをつけるようになりました。日本は12チャンネルぐらいしかありませんが、日本とは違って台湾はケーブルテレビが普及しているので、世界のテレビ番組が見られてとても面白いです。ただ再放送が多すぎるのと、どこのチャンネルで何がやっているのかがわかりにくいのが少し難点ですね。

 

熱田老師

我來到台灣之後改變的事情,就是看電視的時間。在日本的時候我不太看電視,但是到了台灣因為自己一個人住,房間太安靜的話會覺得有點寂寞,所以經常將電視開著。日本的電視頻道大概只有12台左右,但是台灣跟日本不一樣,有線電視非常普及,所以可以看到各國的頻道,非常的有趣。但是重播有點多還有不知道哪一台在播什麼,關於這兩點感到有些困難呢。

 

 

鮎川先生-

わたしが台湾に来て、約2ヶ月が経ちました。

台湾に来る前は、しばらくの間日本で家族と一緒に住んでいたので、一人暮らしは久しぶりです。

一人暮らしをすると、食生活をはじめ、一日のタイムサイクルなどすべてが変わります。

台湾にきてからは、特に食生活が変わったと思います。

普段の私は、自分の決まった好きなものを食べることが多いので、あまり新しいものには挑戦しませんが、「台湾は食べ物が美味しいよ」とたくさんの人から聞いていたので、進んでいろんな食べ物に挑戦するようにしています。

tokugawajpschool 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

距離七月的日檢也沒有剩多久了
不知道大家準備的怎麼樣呢

每次大家分享考試心得的時候
最常聽到覺得很難、或是很吃力的項目就是聽力了

最近發現一個很不錯的網站可以訓練簡單的聽力
分享給大家:NEWS WEB EASY

hd_title

這個網站是NHK為了提供簡單易懂的新聞給日本的中小學生或是外國人而架設的
每一篇新聞稿內容都有經過簡化(網頁裡也會附上用詞較艱深的新聞原稿連結)
裡面的漢字也都標上拼音
畫底線的單字會附上解釋
最棒的是每一篇新聞內容都有音檔

大家可以一邊看新聞稿一邊聽音檔

tokugawajpschool 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()

山口先生

わたしは神奈川県三浦市出身です。

 横浜から電車で45分南へいったところにある、小さい市です。

 三浦市の中でも最南端に三崎(みさき)という、古くから栄えていた伝統的な町があります。

 三崎には2009年9月30日にユネスコ無形文化遺産に指定された「チャッキラコ」という伝統芸能があります。

 

「チャッキラコ」は江戸時代(300年以上前)から行われています。

 三崎はマグロの漁業が有名で、昔から豊漁を祈るために「チャッキラコ」が踊られ続けてきました。

 踊り手は幼稚園の年中児~小学6年生の女の子です。

 衣装などもありますが、文字で説明するよりも動画を見た方が分かりやすいと思うので、

 こちらをぜひご覧下さい。

 http://www.youtube.com/watch?v=6YYyocfFzJE

 

 どうでしたか?

 日本へ来る機会があったら、ぜひ三浦に立ち寄ってみてください。

 

tokugawajpschool 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

有在固定收看台灣緯來台日本台每週日晚上9點所撥出的MUSIC STATION的你

絕對不能錯過本週日(5月27日)撥出的 2小時的特別節目啦!!!

1278462663

 

這次的來賓是不是很令人期待呢?

而且這一集是日本今年5月4日才撥出的集數

台灣的緯來日本台很快的就跟著播出了呢^^

 

這次的5組歌手都會演唱2首歌曲喔

其中一首是由觀眾票選各歌手的歌曲排行榜中的第一名來決定喔

所以也能看到一些懷舊的演唱畫面喔!!!

 

喜歡以上5組歌手的你,絕對不能夠錯過本週日的MUSIC STATION啦~*

 

*以上圖片截取於台灣緯來日本台官網*

http://japan.videoland.com.tw/channel/music_sta/

tokugawajpschool 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

本城先生-

私の出身地、滋賀県には琵琶湖(びわこ)という湖があります。

琵琶湖は日本で一番大きく、日本最古の湖です。

滋賀県の面積の約6分の1を琵琶湖が占めています。

 

そして、毎年夏になると琵琶湖で

「鳥人間コンテスト」というコンテストが開催されます。

「空を飛んでみたい」という夢をもった全国の人たち(=鳥人間)が

自分たちで作った人力飛行機に乗って、琵琶湖の上を飛び、

飛行距離や飛行時間を競う大会です。

今年で35回目を向かえ、全国ネットでテレビ放送もされています。

空を飛ぶための斬新なアイデアやユニークなデザインの人力飛行機に夢を乗せて、

大学生から著名人までたくさんの人たちが熱いドラマを繰り広げています。

 

今年は7月末に開催される予定なので、機会があればぜひ見てみてください。

http://www.ytv.co.jp/birdman/index.html

tokugawajpschool 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

三月

 



根據日本古書「奥義抄」記載陰曆3月份(今國曆4月份左右)稱為
是因為一到春天,花草皆露新芽,到了3月更是百花齊放、草木皆生的盛況。據說,本來的3月份是由 「」(欣欣向榮)之意而取名為的,演變至今被省略成現在我們看到的了。
另外,象徵3月份的說法還有例如 桜月、桃月、雛月、花見月、花咲月、夢見月等,唸法上雖有異,但全都讓人感覺到3月是個洋溢著春天的氣息及專屬於女孩子們的特別月份。

值得注意的一點是,現在日本人所說的"弥生",大多指新曆(國曆)3月份,也常見到西元的年曆上3月份的旁邊就註明,反而是在特殊情況下才會特別的說明「陰曆的」。

此外,如果各位尚未決定自己的日文名字的話,建議不妨考慮下自己出生月份或喜歡的月份的陰曆唸法,在日本也是有很多女孩子用月份來取名子的喔。



三月初
一到三月初各個學校便陸陸續續舉行畢業典禮,街上也會看到許多穿著一種叫的服裝的女學生們參加畢業典禮,那是一種罩在和服下半身,從腰一直拖到腳邊的罩裙,是日本特有的服裝。當我們看到學生們穿袴時,一定會聯想到新的學期也即將在四月份開始了吧!

tokugawajpschool 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

想必大家對北海道的甜點-白色()戀人一定不陌生吧~

白色()戀人,是北海道一種著名的巧克力夾心薄餅,由石屋製菓株式會社出產

有吃過的一定被他內餡濃郁的口感,深深吸引

是不是很令人垂涎三尺呀!!

794px-Shiroi_koibito  

 

有天小編在閱讀新聞時

 

發現

 

在大阪有另一家吉本興業

 

模仿白色()戀人,出了另一款相似的餅乾叫做面白恋人
一方面漢字只多了一個字,從翻譯來看一個是白色戀人;一個是有趣的戀人

給大家看看兩個盒子的比較

tokugawajpschool 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

日野先生-

「神戸ルミナリエ」

 これは、大通りや広場を約20万個の電球で飾り、光のイルミネーションを楽しむイベントです。

1995117日に兵庫県南部地方で起こった、阪神・淡路大震災の記憶を次の世代に語り継ぐために、神戸のまちと市民の夢と希望を象徴する行事として、その年の12月から始まりました。
ライトアップされた町はとても美しく、光は神戸の希望を意味しています。

毎年12月で寒いですが、光で埋め尽くされた道をを歩くのは、とても感慨深いものがあります。

遠くから見る夜景もとても綺麗ですので、是非12月に神戸へ行ってみてください^^

 

日野老師

「神戸Ruminarie

這是一個將大馬路或廣場用20萬個電燈泡裝飾,並享受照明藝術的活動。

為了能夠讓1995年1月17日在兵庫縣的南部地區發生的阪神.淡路大地震能夠繼續讓下一代的人知道,並象徵著神戶市跟市民的夢想與希望,從當年的12月開始了這樣的活動。

被照亮的城市非常的美麗,燈光也象徵著神戶的希望。

每年的12月都非常的寒冷,但是走在被燈光壟罩的路上,都會有很深的感慨。

從遠處看過去的夜景也非常美麗,所以請一定要在12月的時候去一趟神戶^^

 

tokugawajpschool 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

今日小編要介紹的是日本的馬桶。

 

是的,相信大多數人都已知曉的一個小祕密。

馬桶的水箱蓋是洗手池!

在日本這一個既講究空間利用又愛乾淨的國家呢,

隨著科技進步推移下,針對了現代人們的需求,

將馬桶改良成一體成型滿足多項需求的功能喔!

1148310686390s5B0523002_b 旁邊有除臭風口設計  

1148310686390s5B0523003_b 在這邊洗手喔!!

其實呢,會有這項設計是源自於多數的家庭,衛浴是分離的喔~

由於衛浴的分離解決了當有人正在悠閒的沐浴時,

門外的人焦急的想上廁所的問題啦!

也因為衛浴分離的設計,廁所的面積就只有不到二平方米的小小空間。

這時,極具巧思的日本人就想出了一個能夠同時解決洗手的需求,

又能節省空間,甚至還可達到節約用水的目的喔!

 

tokugawajpschool 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()